湯女華高収入求人サイト
入店祝金3万〜5万支給!!新人期間日給3万〜7万保証

挨拶〜序文

私、白城舞妓は8月末をもって湯女華・美房館彩の太夫として卒業しました。

新人遊女からスタートして、初の花魁、そして 初の太夫となり、目標の金額を達成し、自分の夢を叶えることができました。

そして、出勤最後の日に頑張る女の子が夢や目標を早くかなえる為に必要な心得を書きとめた内容をここで公開します。

夢叶うお店が湯女華であることを伝えたいとともにひとりひとりのお客様を大切にするということが夢叶う為の近道であることを…。

その1 ひとつひとつを丁寧に接客する

お客様と接客するときに常に自分に心がけていたことは「雑にしない」ということでした。限られたコース時間の中において は、やるべきことをこなすというよりは、多少、不器用でもよいから真心を込めて接客をしていました。

その結果、やるべき ことを業務的にこなしていくよりも、一つ、二つ抜けても良いので、心を込めて、甘えた感じでお客様に寄りそっていくようなそんな感じでいくと、お客様もすごい満足そうに帰っていかれました。

具体的な例をあげますと、耳元でささやくように話すとか、手を握って話すとか、くっつくように座るとかです簡単にいうと、「お客様をひとりぼっちにさせない」ことです。

その2 お客様に興味を持つ

私はお客様を覚えておくようにノートにお客様の特徴などや会話などを書き留めていました。 (イラストとか上手な方でしたら、似顔絵を描くのもありです。)意識してつけていくことで、最初は疲れるか もしれませんが、継続していくことで必ず慣れてきます。

そうすると、自然とお客様の事を興味をもちますので、次に指名のお客様が来た時に前の話を続きを話されたことに、何の話にならなくてすむというのが一番大きいメリットです。(心の距離を縮める)
お客様が指名してくる時間のコース時間は女の子にとっては日常の時間にしか感じませんが、それはお客様が色んなことをやりくりしてきた貴重な時間です。

なによりも、お客様は覚えられていることにとても喜びを覚えます、その感動が再び、女の 子を指名リピートする大切なお客様に変わります。
そうすることで、名刺に書く内容もお客様を思った内容になっていきます。ふと思ったのですが、名刺書くときは、お客様の背中を台にして書いてくださいね。
もしかして、ベットの端で書いていたら、それはご法度 ですよ!! (心の距離が遠くなります)

その3 お客様を”頼れる男”として接してください

初めてのお客様とはやはりいつまでたっても緊張してしまうもの。そんな時に、役立つマジックワードは、「初めて〜聞いた」、「頼もしい〜、頼りになる」、「すごい〜」を使って聞き役に徹すればお客様の気分もよくなり、女の子への印象もそれによって俺のことをわかってくれると思ってくれますので、指名返しの確率もアップです。(3語で操る)

要はお客様をたてる感じの会話をすれば、初めてのお客様でも大丈夫です。あと、お客様から悩み相談みたいなのを受けるときがありますが、その時にベストな答えは、「大丈夫!私がついているし、きっとあなたならできる」という感じで、否定せずに励ますように。相談した段階で、答えはでているので、それを後押しする感じでOK。(明確な答えは逆効果)

あと、裏技チックになりますが、長いコースで時間があまったときに、簡単にできるマッサージを。用意するものは「ベビーパウダー(天花粉)」です。仰向けでもうつ伏せでもよいのですが、お客様の体に軽くかけて、軽く指先でマッサージしてください。

エステとかで使われるパウダーマッサージという技法で、受身のお客様にはとても好評でした。(極度のこそばかりの人には逆効果ですよ)

最後に太夫に昇格した最初の日のことを書いておわります。

不安とプレッシャーでいっぱいでとても気が張っていました。ですが、昇格したことを祝いにきてくれるお客様がいたこと、変わらずに会いにきてくれて、「いつもの舞妓ちゃんでいいんだよ!」という嬉しい言葉をいただいて、思わず涙がこぼれそうになりました。湯女華から卒業するまで、お客様に最高の癒しに時間をすごしてもらえる様に頑張ると決めました。

「湯女華というお店で働けてよかったです。」と心から感謝して卒業することができました。湯女華で女の子の夢が叶えますように!!